魚丸さんの庭を作ってきました。

魚丸さんの庭を作ってきました。

最近お店のお庭のご相談が増えてきて結構うれしい中川です。

今回は、長浜の駅前通に新しくオープンした魚丸さんのお庭を作ってまいりました。
ここは、茶しんさんの西隣の建物をリフォームして作られた古民家居酒屋です。表から見ても全然知らなかったんですが、中は結構凝って作ってある日本伝統家屋なんですね!外から見るとコンクリート構造みたいな顔をしてますが、中はバリバリの日本家屋です。そんな意外な感動を覚えつつ、海鮮居酒屋をオープンされるということで庭のご依頼をいただきました。

最近流行の古民家を活用したお店なんですが、今回の最大の特徴として、京都の路地裏のお店みたいな入り口がすごく奥まった所にあるということです。写真を見ていただくとわかると思うのですが、入り口は家と家の間の狭い通路を通らないと入れません。というか入り口は普通に歩いていると発見できません。ということもあって構造上、お客さんとお店のファーストコンタクトが庭になるんです。なんで今回の設計で考えたポイントは、発見した時の悦び、もっと見てみたいと思わせる引力の2点に力を入れて設計工事させていただきました。

まずは、僕の大好きなナツハゼです。自然樹形がとっても綺麗で整っています。葉が小さくまとまるので、狭いスペースでも広がりを演出できますし、花も実も楽しめます。日当たりの悪い今回の条件ですが、この子ならしっかりと仕事してくれると思います。足元の下草には、山の植物たちを配置させていただきました。シダやシャガなどワイルドな子達です。古民家の風情を演出してくれると思います。

手前に手水鉢を配置したのですが、苔むしたいい感じの手水鉢を探してきました。今回のお庭の仕掛けとして、手水鉢の中に鏡を仕込んでます。スポットライトの明かりが、奥の戸袋に反射して満月のように照らしてくれるギミックを用意いたしました。雨や風が吹くと波紋が立ち、戸袋にあたる光で自然を感じていただけるようにいたしました。ナツハゼに葉が出てくれば、いい感じの影も出てきます。これで動きを出してお客様の目に留まればいいなと考えております。

ということで、何はともあれいい感じいのお店なんでぜひ食べに行くついでに庭も見てやってください!
魚丸 グーグルマップに飛びます。