企業の緑地帯を活用した庭を作ってきました。

企業の緑地帯を活用した庭を作ってきました。

どうも、サイトの更新が亀並みに遅い中川です。
今回は、庭が完成したので報告させていただきたいと思います。

このお庭は、長浜にある会社の緑地帯を庭としてリフォームをしました。会社なんで非常に大きいです。うん、大きいです。大変でした。
長い間工事中でご迷惑をおかけいたしました。そして、色々な人にご協力いただきました。ありがとうございます。皆様のご理解とご協力は、作品の糧となりより良い庭へと昇華させていただきました。

庭の紹介ですが、とにかく大きいので広々とした設計にさせていただきました。ゆったりと空間を使い、リラックスできる環境を作っております。(ゆったりとした設計を行うことで、費用の圧縮や、維持管理の省力化なども同時に実現させました!)計画の当初は、ウッドデッキやシェードセイルなど無かったのですが、打合せを進める中で社員の皆様にも楽しんでいただける場所にして欲しいとの願いを受け設置いたしました。そして、自然や素材感を生かした雑木の庭スタイルで、休憩時間など貴重な時間がより素敵な時間になればと願いを込めております。

このシェードセイルは、スクエアタイプとトライアングルタイプを組み合わせて設置させていただきました。このシェードセイルは、紫外線を90%カットするなど夏場のきつい日差しを抑えてくれます。設置位置などは、日照や使用時間帯を考慮し10時~15時の夏季にデッキの上が最も隠れるように設計しております。柱は、ステンレスの特注丸パイプで制作しており多少の強風なら大丈夫なんです。台風や雪なの時にもすぐに取外しができるように、手元のロープで取り外しが出来るように設計しております。ちなみに設置してあるベンチですが、以前このブログで紹介させていただいた杉の角材ベンチです。ここで使うためのオリジナル設計です。

夏の暑さでかなりの庭木が枯れました。引渡し前なのに、、、、。特別ないい子達を集めたのに。
また植替えを行ったら写真を差換えたいと思います。

全体のイメージです。(でもこれ敷地の半分なんです。)
園路はコンクリートの洗出しです。すっごく野性味があるというか、ざらっとした仕上げにしております。ウッドデッキは足場板で作っていたりなど、かなり素材感を全面に押出した構成です。費用の圧縮も狙いの一つですが、自然の美しさを引き出すためにはピカピカの工業製品より時間表現がされた人工物の方が馴染みます。巨大な庭石や盛土などは現場にあった物を活用しています。何も足さないし何も引かないエコな感じです。

夜です。
シェードセイルの柱の先には、ソーラーLEDライトが仕込んであり、夜になるとデッキをいい感じで照らしてくれます。携帯のカメラでは、駐車場の水銀灯に負けてしまいます!

こんな庭ですが、社員の皆様に愛される場所になればと願っております。先日引渡しが終わったので、また感想をお伺いにあがりますのでよろしくお願いいたします!

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)